東大阪市 任意整理 法律事務所

債務・借金の相談を東大阪市に住んでいる方がするならこちら!

借金の督促

借金の額が増えすぎて返済がつらい…。
多重債務を抱えているから、債務整理で解決したい…。
もしもそう考えているなら、一刻も早く弁護士や司法書士に相談しましょう。
弁護士や司法書士が提案してくれる解決策で、督促がストップしたり、毎月の返済が減額したり、などといういろんな恩恵を受けられる可能性があります。
最近ではインターネットで無料相談できる法務事務所や法律事務所も数多くあります。
ここでは、東大阪市にも対応している、おすすめの法律事務所や法務事務所を厳選して紹介しています。
また、東大阪市の地元にある法務事務所や法律事務所もいくつかピックアップしているので、それらも参考にしてください。
借金の問題は、1人だけではなかなか解決できません。
弁護士や司法書士の知識・知恵を借りて、解決の道を探しましょう!

東大阪市の方が借金や任意整理の相談をするならココ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

東大阪市の借金返済や多重債務解決の相談なら、この事務所がおすすめです。
弁護士が対応してくれて、しかも全国対応の弁護士事務所です。
初期費用が0円だから、手持ちがなくても安心して相談できます。
弁護士料金の支払いは、分割払いでもOKです。
相談料金ももちろん0円!
借金督促のSTOPもできます。
自己破産、任意整理、個人再生、過払い金、など、債務の悩みについて無料相談できます。。
しかも、無料相談窓口では24時間365日、いつでも受け付けOKです。
フリーダイヤル(電話代無料)で相談受付が可能なので、借金返済で困っている人も今すぐ電話受付をすることが可能です。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩みは今すぐ!電話受付OK☆



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(女性におすすめ!)
全国に対応している、過払いや借金の悩みが相談できる法務事務所です。
任意整理、個人再生、自己破産、などなど、自分に適したやり方で、どうしようもないほどの借金問題を解決します。
また、過払い請求は初期費用0円、戻ってきた過払い金から支払できます。
任意整理でも、減額報酬や和解成功報酬などは一切支払わなくてよいため、お得に解決することが可能です。
債権者数が1〜2件でも対応してくれるのも助かります。
女性スタッフが対応する女性専用の相談窓口(借金返済相談)もあるので、女性でも安心して相談できます。
まずは気軽に無料相談から。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はコチラ↑↑
女性スタッフが対応する、女性専用・相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はこちら↑↑



借金解決ゼミナール(借金減額シミュレーター)

借金解決ゼミナール

東大阪市在住の人が債務整理や借金の相談をするなら、まずこのサービスもオススメです。
「借金減額シミュレーター」という名の、ネットでできる借金の診断ツールです。
とてもカンタンな3つの質問に答えるだけで、借金を減らす方法や具体案、毎月返済する金額がいくらになるのかなどが分かります。
いきなり司法書士や弁護士へ直接相談するのは、ちょっと気後れする。
そんな方にピッタリです。
しかも、匿名&無料で使えます☆
全国対応しているサービスなので、東大阪市に住んでいる方も安心して利用・相談できます。

◆特徴◆
  • たった3つの質問に答えるだけ!
  • 借金を減らす方法が分かる!
  • 月の返済額がいくらになるのか分かる!
  • 無料・匿名で使える!
  • 全国に対応!
借金・債務の悩み、匿名&無料で診断・相談してみませんか?

借金減額シミュレーター
借金減額シミュレーター

↑↑↑↑↑
無料&匿名で、借金の相談・診断を。



弁護士へ相談前の注意



東大阪市周辺の他の法律事務所・法務事務所紹介

他にも東大阪市には複数の法務事務所や法律事務所があります。これらも参考にしてみてください。


●あかつき司法書士事務所
大阪府東大阪市荒川1丁目1-1 茨木第2ビル 3F
06-6722-5551
http://amane.osaka.jp

●安藤貴史司法書士事務所
大阪府東大阪市岩田町2丁目1-33 アルカディア弐番館201
072-961-5557
http://andotakashi-office.jp

●一休司法書士事務所
大阪府東大阪市長堂2丁目3-15
06-6788-6731

●ひなた司法書士事務所
大阪府東大阪市足代3丁目2-14 東大阪第一ビル 2F
06-6730-0120

●たむら司法書士事務所
大阪府東大阪市長堂2丁目7-22 幸福ビル101
06-6618-8550
http://tamura-shihou.sakura.ne.jp

●司法書士・行政書士 けやき法務事務所
大阪府東大阪市小阪本町1-6-9
06-6721-1107
http://keyaki-office.com

●東大阪前川滝川事務所(司法書士法人)
大阪府東大阪市鷹殿町1-7
072-981-5281
http://maekawa-takigawa.com

●司法書士・社会保険労務士・行政書士みやび総合法務労務事務所
大阪府東大阪市長田3丁目4-12 ドルミムラオ406号
06-6789-0813
http://office-miyabi.com

●秋山司法書士事務所
大阪府東大阪市菱屋西1丁目15-25
06-6721-1357

●栗本欣昭司法書士事務所
大阪府東大阪市御厨栄町2丁目4-10
06-6787-1000

地元東大阪市の司法書士や弁護士の事務所の門をたたき、直接相談するのもアリだと思います。
ですが、ネットでの無料相談や「診断シミュレーター」の方が、気負わずに相談できるという方も多いのではないでしょうか。

東大阪市で借金返済や多重債務に弱っている状況

キャッシング会社やクレジットカード業者などからの借金で悩んでいる人は、きっと高利な金利に悩んでいることでしょう。
借りたのは自分です、自分の責任だから仕方ありません。
ですが、複数の金融会社からお金を借りていると、額が大きくなり、とてもじゃないけど返済できなくなってしまいます。
月ごとの返済金ではほとんど金利しか返せていない、というような状況の人も多いでしょう。
こうなってしまうと、自分一人で借金を全部返すことはほぼ無理でしょう。
借金を清算するため、早めに弁護士や司法書士に相談すべきです。
どうすれば今の借金を完済できるのか、借りたお金を減額できるのか、過払い金はあるのか、など、弁護士・司法書士の知恵をかしてもらいましょう。
借金問題の解決は、相談することから始まります。

東大阪市/債務整理のデメリットにはどのようなものがある?|任意整理

債務整理にも多様な方法があって、任意で貸金業者と話合いをする任意整理と、裁判所を介した法的整理の個人再生又は自己破産等々の種類があります。
じゃこれ等の手続きにつき債務整理デメリットという点があるのでしょうか。
これ等の三つの方法に同様に言える債務整理の欠点と言えば、信用情報にそれらの手続をした事実が載ってしまうことですね。俗に言うブラックリストという状態になります。
とすると、およそ5年から7年ほど、カードが作れずまたは借入が不可能になったりします。けれども、貴方は支払うのに日々苦しみぬいてこれ等の手続きを実際にする訳ですから、ちょっとの間は借入れしない方が良いのじゃないでしょうか。じゃローンカードに依存し過ぎている人は、逆に言えば借り入れができない状態なる事により出来ない状態になる事で救われるのではないかと思われます。
次に自己破産・個人再生の債務整理の不利な点ですが、官報にこれらの手続きをした旨が掲載されるということが挙げられるでしょう。しかし、貴方は官報等ご覧になった事があるでしょうか。むしろ、「官報とはどんな物」といった人の方が殆どじゃないでしょうか。
現に、官報は国が作成する新聞みたいなですけれども、クレジット会社などの僅かな方しか見てません。ですから、「自己破産の実態が周囲の人々に広まった」などといった事はまずもってないでしょう。
終わりに、破産独特の債務整理の欠点ですが、一度自己破産すると7年という長い間、再度自己破産出来ません。そこは十二分に留意して、2度と破産しなくてもすむようにしましょう。

東大阪市|自己破産のリスクってどんなもの?/任意整理

はっきし言って世間で言われるほど自己破産のリスクは多くないです。マイホーム・高価な車・土地など高額なものは処分されるのですが、生活していくうえで必ず要るものは処分されないです。
又20万円以下の預貯金は持っていてもよいのです。それと当面の数ケ月分の生活するうえで必要な費用百万円未満ならばとられる事はないのです。
官報に破産者のリストとして載るがこれも僅かな人しか見ないのです。
又いうなればブラックリストに載ってしまい七年間位はキャッシング又はローンが使用できない現状になるが、これはしようがない事なのです。
あと一定の職に就けなくなるということもあるのです。だけれどもこれもわずかな限られた範囲の職種です。
したがって債務超過で返済する事が出来ない借金を抱えてるのならば自己破産を実行すると言うのも一つの手段でしょう。自己破産を行えばこれまでの借金がなくなり、新規に人生を始められると言う事で利点の方がより多いと思います。
又自己破産者は公法上の資格制限とし弁護士や公認会計士や司法書士や税理士等の資格は無くなります。私法上の資格制限として後見人や保証人や遺言執行者にもなれません。また会社の取締役などにもなれません。けれどこれらのリスクは余り関係が無いときが多いのじゃないでしょうか。リスクは余り大きな物じゃ無い筈です。